料理嫌いを克服すらしたくない専業主婦が読んでみた本

専業主婦だけど料理が嫌いです。

料理が嫌いって主婦としてはキツイですよね。
料理は毎日やるものですから。

 

料理嫌いを克服してお料理大好き♪になったら夕方に夕飯を作り始める時間の憂鬱さもなくなるのかもしれませんが、料理は嫌いすぎて克服すらしたくありません。

 

何かが嫌いで悩んでるとき解決策は2つあります。

・その嫌いなものを好きになる。
・その嫌いなものに接しなくていいように排除する。

前者の料理を好きになるならお料理教室に通うとかインスタに料理写真を投稿してモチベーションをあげるという方法もありますね。

後者のなるべく接しなくていいようにする。なら宅食を頼むとか外食をするとか家政婦を雇うなどが考えられます。

 

私は断然後者を選びたいです。
できることなら料理はしたくない。

 

家計と家族が許すなら専業主婦でも宅配おかず頼みたい・・・!


料理をしなくて済む方法はお金がかかります。

料理を克服しお料理大好き♪になりたいわけじゃないけど、
せめて料理するときの憂鬱を少しでも解消できればと思って、この本を読んでみました。

 

やる気の続く台所習慣40


やる気の続く台所習慣40 [ 高木ゑみ ]
やる気の続く台所習慣40【電子書籍】[ 高木ゑみ ]

 

料理家・高木ゑみさんの「やる気の続く台所習慣40」です。

この本には台所に立ったときのネガティブな気持ちを切り替える方法から、食材の保存方法やキレイな台所をキープする方法、献立作りをラクにするためのアイディアが盛り込まれてます。

この本に書かれてるアイデアを全部実行することはできないかもしれないけれど、ひとつくらいは「これなら私でもできそう」「このアイデアいいな、やってみようかな」と思えるものがあるはずです。

 

私が料理作りに取り入れてみたものは

下ごしらえは、手順を横割りにして少しづつ進める。

です。

私は今まで主菜の材料を取り出して切って調理して完成させてから副菜にとりかかるってパターンでやってきました。

でも、包丁で切る材料は主菜も副菜もぜーんぶ先に切ってしまうようにしたらちょっとラクになりました。

さらに、野菜などまな板を汚さない食材から順に切っていけば途中でまな板洗わなくてもよくなってラクです。

手際の良い人なら切るべき食材は先に全部切っておくなんて当たり前のことかもしれませんが・・・。

 

メンタル面のアイデア「やる気アップのコツ」は料理だけでなく掃除など他の家事にも使えそうです。

 

逆に買い物後にひと手間かけて野菜を長持ちさせる方法(キッチンペーパーでつつんでジッパーの袋に入れて・・・)とかは、実践できそうにありません。

ずぼらにはそのひと手間がものすごいめんどくさいのです。

 

せっかく料理や台所仕事の苦痛を和らげるために読んだのだから、
無理してやらずに私にもできそうなことだけ取り入れてみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です