ローソンのツイッターキャンペーン 当たらない確率を計算したら意外な結果に!!

ローソンの公式ツイッターで時々開催されている、フォロー&RTで毎日1万名に当たるキャンペーン。
参加しているのになかなか当たりません。

数えてみたらもう50回以上連続でハズレでした。あきこちゃんからのリプはいっつもクーポンばかりです(涙)

ローソンツイッターキャンペーンの応募数は?

ローソンのツイッターキャンペーンにはどれくらいの応募があるのでしょうか?

毎日100万件の応募があるなら1日1万名当選ではなかなか当たらないのは納得できます。

ローソンほどの人気企業なら毎日100万件の応募があるのかも?

と、思ってキャンペーンツイートのRT数を確認してみると、2020年6月23日から10日間開催されたキャンペーンでは一番多い日で応募数は23万件でした。

※このキャンペーンはすでに終了しています。

 

思ってたより少ない・・・

23万だってすごい数ですが、全然当たらないから100万件くらい応募があるのかと思ってた身としては意外と少ないというのが正直なところです。

100万分の1万=100分の1って言われたら「まぁ簡単には当たらないよね」って思うけど、23万分の1=23分の1なら10日間応募したら1回くらい当たりそうって思いませんか?

※7月以降のローソンツイッターキャンペーンでは応募方式がRT(リツイート)から#(ハッシュタグ)をつける応募方式に変わったので、RT数で応募数を推測することはできなくなりましたが、同じくらいの応募数があると思われます。

ローソンツイッターキャンペーン当選確率は?

応募数23万だと計算しづらいのでをキリのいい25万件とします。

1万名に当たるキャンペーンに25万人の応募がありました。
当たる確率は何%でしょうか?

これは簡単ですね。

25分の1=4%

1回だけ応募した場合の当選確率は4%です。

4%じゃ運の良い人じゃないと当たらなそうですね。
でも、ローソンツイッターキャンペーンは毎月のように開催され、期間中は毎日応募できます。

では25回応募したら・・・?

25回応募して全ハズレの確率は?

25分の1で当たる懸賞なら25回応募すれば1回くらい当たるよね?

って思ってませんでしたか?

私はそう思っていました。

ですが、計算してみたら意外な結果が出ました。

25分の1で当たるクジに25回挑戦して全部ハズレの確率約36%なのです。

そんなに高いの!?

 

どうしてそうなるかの説明は省きますが、
△分の1で当たるクジを△回やったらほぼ100%当たる!・・・わけではないのです。

※この場合のクジは福引のような玉が減っていくクジではなく、ルーレットやサイコロのような確率が一定のクジだと思ってください。


50回応募して全ハズレの可能性は?

最初にも書きましたが、私はローソンの毎日1万名に当たるツイッターキャンペーンに50回以上連続でハズレてます。

25回じゃ当たらなくても50回も応募したら1回くらい当たるだろうって思いますよね?

運悪く50回連続でハズレる人もいるかもしれないけど全ハズレなんてせいぜい2~3%くらいだろうって思いますよね?

文系な私は今までそう思っていたのですが、

4%の確率で当たるクジを50回やって全ハズレの確率は12.9886%、
約13%です。

つまり、4%の確率で当たるクジを100人の人がそれぞれ50回ずつチャレンジした場合、1回も当たらない人が100人中13人もいるのです。

今回の計算はこちらのサイトを使わせていただきました。
確率って奥が深いですね…

ガチャを何回もやってもすべて外れる確率 高精度計算サイト

 

ローソンツイッターキャンペーンは、応募する時間にもよって当たりやすさが違うし、どのように当落を決めているのかがわからないので単純に今回計算した確率があてはまるわけではありません。

キャンペーンツイート投稿直後は応募が殺到して当たりにくそうなので、私は締め切り時間の少し前(10時〆切なら9時くらい)に応募するようにしてますが、それでもなかなか当たらないですね…。

 

運よく当選しても、当選品だけ引き換える勇気がない!という方はこちらの記事をどうぞ

コンビニでスーパー並みに安い商品 ローソン編

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です